セミナーのお知らせ

介護サポーター養成講座


セミナー一覧に戻る




介護サポーター養成講座

〜こころまで届くケアを実践する日野原重明先生の理念とともに〜

短期集中ですぐに役立つ介護のノウハウを
介護現場の第一線の講師から学べます!

超高齢社会に突入し、介護は誰もが直面する問題となっております。「あの時、これを知っていたら・・・。」と後悔する前に、在宅ケアやリハビリ、認知症についての知識と技術を大いに学んで、いざという時に本人、介護者双方の心身の負担を減らし、病気になっても自立して生活できる環境づくりに役立ててください。

定員・参加費・対象・会場


コース 定員 参加費 
 LPC会員  非会員
Aコース:
介護基本コースのみ
25名  6,500円  9,000円
Bコース:
介護基本コース・
介護実践コース
の両コース受講
25名 12,000円  16,000円
Cコース:
介護実践コースのみ
Bコース受講枠に空きがある場合のみ  6,500円  9,000円

対   象 通学可能な方
会   場 砂防会館5階
 地下鉄「永田町駅」下車 徒歩4分


プログラム

介護基本コース

在宅ケアのプロフェッショナルが集結!
障害・病気にどう対応しているのかを学びます。


 日  時間  テーマ        講師
1 1 6/3
(水)
10:00-
12:30 
 
家族のための医療講座
長年、在宅医療の普及、推進に尽力してきた在宅医療のパイオニアで、ご家族やヘルパーとの豊富なやりとりの経験を持つドクターより、在宅ケアにおいて家族が最低限、知っておくべき医療知識や対応、対策についてまなびます。
和田 忠志
いらはら診療所在宅医療部長
国立長寿医療研究センター在宅連携医療部
医師
2 13:30-
15:30
高齢者を取り巻く状況と地域で支える在宅介護〜暮らしの保健室より〜
新宿戸山団地で地域住民が暮らしや健康、医療、介護について気軽に相談できる”地域に開かれた保健室”をオープン、医療と介護と地域住民が一体となった住みなれた地域での暮らしの実践をお話いただきます。
秋山 正子
株衷\字訪問看護ステーション代表取締役,所長
訪問看護師
3 6/10
(水)
10:00-
12:00
認知症とうつ
現役の医師から認知症の症状、認知症とうつの違いなどを学習し、正しい知識と理解を深めましょう。
高橋 理
聖ルカ・ライフサイエンス研究所センター長
聖路加国際病院内科 医師
4 13:00-
15:00
その人を中心として考える認知症ケア
英国パーソン・センタード・ケアの理念に基づいた認知症ケアについて、施設や地域における認知症ケアの実践・取り組みをお話いただきます。
村田 康子
NPO法人その人を中心とした認知症ケアを考える会
認知症ケアマッピング(DCM)認定トレーナー
作業療法士
5 6/18
(水) 
 10:00-
12:00
機能回復と廃用予防におけるリハビリテーション
疾病に応じた高齢者のリハビリテーション治療と取り組みをリハビリテーション専門医からお話いただきます。
小山 照幸
東京都健康長寿医療センターリハビリテーション科医長
医師
6  13:00-
15:30
 
快適な住宅環境整備
高齢者の事故発生場所で一番多いのは家庭内です。その人の身体状況に応じた住宅環境整備で事故を未然に防ぎ、まらその人の自立を促せるような安全な生活環境づくりについて学習します。
志垣 健一朗
理学療法士

 


介護実践コース

移動、食事、排泄など介護される人、する人お互いにやさしい介護技術を身につけましょう!

 日  時間  テーマ        講師
1 7/1
(水)
10:00-
12:00 
やさしいからだの動かし方
ボディメカニクスを理解し利用者と介護者の双方が安全で安心なからだの動かし方、腰痛の危険から身体を守り、身体に負担のないからだの使い方を身に付けましょう。
志垣 健一朗
理学療法士
2 13:00-
15:00
移動の介護・福祉用具の活用法
車いすの介助の際の留意点・安全・安楽な車いすでの移動・移乗の介護を実習します。また、介護ベッドの正しい使い方について学びます。
志垣 健一朗
理学療法士
7/8
(水)
10:00-
12:00
歩行の機能をその障害に対応するための介助
杖・歩行器等の基礎知識とその人の障害に応じた歩行の介助、外出支援時の留意点を学びます。。
田中 一秀
理学療法士
13:00-
15:30
視覚障害者の歩行等の介助
視覚障害をもたらす病気と症状、生活上の危険や困難、ガイドヘルプに必要な心構えと態度を学習し、視覚障害者ガイドヘルプの基本技術を練習します。
筑波大学附属視覚特別支援学校 講師
5 7/15
(水)  
 10:00-
12:00
食事の介助・口腔ケア
自分で食事ができる方の姿勢、食事介助を必要とする方の姿勢、介助者側の適切な位置、角度など基本的な食事介助の手順や、食欲や栄養状態に影響する口腔衛生を清潔に保つ方法を学びます。
上野 まき子
聖路加国際病院
アシスタントナースマネジャー
 6 13:00-
16:00
尿失禁と排泄の援助
排泄は生命を維持するための大切な行為です。介護される側の精神的負担や身体的な不快が最小限になるような援助方法、おむつ交換の方法、高齢者に伴う尿失禁とその予防などを学びます。
安部 静枝
深澤りつクリニック
看護師
NPO法人日本コンチネンス協会コンチネンスアドバイザー

 
【介護実践コース受講生への服装に関する注意事項】
●介護実践コースを受講の方は、運動しやすい服装で来てください。
●女性の方はパンツ(ズボン)類の服装で来てください。スカートは避けてください。
●靴はサンダルやヒールのあるものでなく、運動のしやすい靴を履いてきてください。
●足は素足でなく、必ず、くつ下を履いてきてください。


参加要綱

1.電話・FAX・メールのいずれかで下記@〜Eをご記入の上、お申し込みください。
  @〒・住所・A氏名(ふりがな)・B電話番号・C年齢・D会員の方は会員番号・E希望コース
  *定員以内か必ずご確認ください。

TEL 03−3265−1907
FAX 03−3265−1909
FAX用紙のダウンロード >>

*メールでお申し込みの方は、下記のどちらかでお申し込みください。
*メールでお申し込みいただいた方には、後日受け取り確認のメールを返信をさせていただきます。1週間を過ぎても返信のメールが届かない場合は、お手数ですが、事務局までご連絡ください。

メールアドレス:
[問い合わせフォームの表示]
lpc_seminar@lpc.or.jp

 
 @郵便番号,住所
 A氏名(ふりがな)
 B電話番号
 C年齢
 D会員の方は会員番号
 E希望コース


2.受講可となった方は、郵便局にて参加費をお支払いください。

口座番号:00150-7-185081
加入者名:一般財団法人ライフ・プランニング・センター(KS)


他金融機関からのお振り込み

銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 019
預金種目 当座
店名 〇一九(ゼロイチキュウ
口座番号 0185081

※ご依頼人欄に〒、住所、氏名、電話番号を、通信欄に「介護サポーター養成講座参加費」とLPC会員の方は会員番号を明記して下さい。
※ご入金いただいた参加費は返金できません。




【申込みおよび問合せ先【平日9:00〜17:00】

一般財団法人ライフ・プランニング・センター
TEL(03)3265−1907  FAX(03)3265−1909
〒102−0093 東京都千代田区平河町2−7−5 砂防会館5階



会場案内


会場案内

【交通機関】

地下鉄/有楽町線・半蔵門線・南北線 - 永田町駅下車(4番出口)
銀座線・丸の内線 - 赤坂見附駅下車