セミナーのお知らせ

超高齢社会におけるヘルス・デザイン


セミナー一覧に戻る



超高齢社会におけるヘルス・デザイン

 

新しい老いの迎え方,過ごし方

 

近い将来に、『人生90年時代』が現実のものになろうとしています。そのときに大切なことは、あらゆる年齢の方ができるだけ心身ともに健康で自分の人生や社会において持てる能力を発揮してゆくことです。健康寿命を延ばし、地域で生きる。自分らしく生きるために自らの人生をデザインしていく時代が本格的に始まったとも言えます。そして広く社会とつながることはいっそう重要になるでしょう。今回の講座は社会、医療、保健、死生学の各分野から第一線で活躍される講師をお招きし、皆様のこれからのヘルス・デザインを考えていきたいと思います。




開催期間 2015年5月13日(水)・5月20日(水)
会場 砂防会館5階
一般財団法人ライフ・プランニング・センター
   健康教育サービスセンター内
地下鉄・永田町駅下車4番出口徒歩4分
参加費 6,000円(LPC会員4,000円) 
 定員 50名(定員になり次第締め切ります。)

プログラム


時間

テーマ・講師

5/13
(水)
①10:00-12:00  認知症への備え-高齢者の尊厳を支えるこれからの介護サービス
講師:山梨恵子
②13:00-15:00  高齢者におけるフレイル(脆弱化)と自己効力感について
講師:道場信孝
5/20
(水) 
③10:00-12:00 健康を決める力-ヘルスリテラシーとは
講師:中山和弘
④13:00-15:00 高齢者医療の課題と自己決定・意思表明のとらえ方
講師:会田薫子

講師紹介

●山梨 恵子
 株式会社ニッセイ基礎研究所 生活研究部准主任研究員
 高齢者福祉・介護の領域において,官公庁,及び各事業者団体からの受託調査を中心に活動。主な研究分野は,認知症施策および認知症ケア研究。09年社会福祉法人浴風会 認知症介護研究・研修東京センター客員研究員。

●道場 信孝
 一般財団法人ライフ・プランニング・センター顧問
 千葉大学医学部卒業。72年コーネル大学神経内科助教授,74年千葉大学医学部助教授,75年ライフ・プランニング・センター研究教育部長,86年帝京大学医学部第三内科教授,同附属市原病院長を経て現職。

●中山 和弘
 聖路加国際大学教授
 東京大学医学部保健学科卒業卒業,東京大学大学院医学系研究科博士課程(保健学専攻)修了。日本学術振興会特別研究員(PD),国立精神・神経センター精神保健研究所流動研究員,東京都立大学人文学部社会福祉学科助手,愛知県立看護大学助教授を経て.現職。

●会田 薫子
 東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター上廣講座特任准教授
 東京大学大学院医学研究科健康科学専攻博士課程修了。ハーバード大学メディカル・スクールフェロー,東京大学グローバルCOE死生学研究員などを経て,現職。


参加要綱

1・ファックスまたはメールに下記の①~⑥の事項をご記入の上、
  でお申し込みください。
  ①講座名「ヘルス・デザイン」,②氏名(ふりがな),③〒・住所,
  ④電話番号,⑤職業,⑥LPC会員の方は会員番号

FAX 03-3265-1909
メール:lpc_seminar@lpc.or.jp

2.郵便局にて参加費をお支払下さい。

口座番号:00150-7-185081
加入者名:一般財団法人ライフ・プランニング・センター(H)

※ご依頼人欄に〒、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を、通信欄に「ヘルス・デザイン」と会員の方は会員番号を明記して下さい。
※ご入金いただいた参加費は返金できません。
※他の金融機関からの振込み口座番号は
  ゆうちょ銀行〇一九(ゼロイチキュウ)店(019) 当座0185081



【申込みおよび問合せ先(平日9:00~17:30)】

一般財団法人ライフ・プランニング・センター
TEL(03)3265-1907  FAX(03)3265-1909
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-5 砂防会館5階

メールアドレス: lpc_seminar@lpc.or.jp



会場案内



会場案内・砂防会館

【交通機関】 千代田区平河町2-7-5

地下鉄/有楽町線・半蔵門線・南北線 - 「永田町」駅下車(4番出口)
銀座線・丸の内線 - 赤坂見附駅下車