ボランティアの育成

LPCバザー

1985年より、毎年秋に,LPCボランティアグループ,はなみずきの会,ホスピスサポートチームのボランティアの皆様の全面的なバックアップにより,教育サービスセンター内においてバザーを行っております。
 収益金は、LPCホスピスやクリニック医療の発展を目的に寄付されます。
 また、2011年度からは、東日本大震災の募金も同時に行なっており、日本財団の東日本大震災基金に寄付させていただきました。
 バザーへ品物を献品して下さった方々,バザーへ来場して下さった方々にお礼申しあげます。
●2010年度の売り上げは54万円。全額が財団に寄付されました。
●2011年度の売り上げは59万6,491円。今年度は、その中から5万円と当日募金箱にご寄付いただいた1,482円をあわせて東日本大震災の募金として、日本財団の東日本大震災基金に寄付させていただきました。残り54万6,491円を例年どおり財団に寄付させていただきました。
●2012年度の売り上げは49万8,965円。全額が財団に寄付されました。
 また、東日本大震災支援コーナーを特別に設け,宮城県石巻の仮説住宅で暮らす方々による手作り作品や雄勝地区の海産物を販売し,その売り上げ金72,850円をお贈りしました。
●2013年度の売り上げは38万6,582円。全額が財団に寄付されました。
 また、バザー時はもとより、各地で開催しました講演会会場、財団に寄せていただきました東日本大震災救援募金(2013年6月〜12月)の総額は38万386円でした。ご協力に感謝して日本財団の東日本大震災支援基金に贈らせていただきました。
●2014年度より、規模を大幅に縮小し、献品は食料品のみとし、バザーを開催しました。2011年度から行なっている東日本大震災支援コーナーは例年通り宮城県石巻の仮説住宅で暮らす方々による手作り作品や雄勝地区の海産物を販売させていただきました。規模の大幅縮小ではありましたが、15万4,841円の収益金がありました。収益金はピースハウスなどの支援などのために財団に寄付されました。
●2015年度は砂防会館で開催する最後のバザーとなりました。昨年度より規模は大幅に縮小され、献品は食料品のみとなりました。2011年度から行なっている東日本大震災支援コーナーは例年通り宮城県石巻の仮説住宅で暮らす方々による手作り作品や雄勝地区の海産物を販売させていただきました。規模は縮小されましたが、16万6,761円の収益金がありました。収益金は財団の活動の発展のために寄付されました。

店員さんはLPCボランティアの皆さん お客様とのコミュニケーションもバ゙ザーならでは
朝一番に市場から仕入れた新鮮な食品 お客様とのコミュニケーションもバ゙ザーならでは
手作りのミニ喫茶 食品や手作りのお菓子
はなみずきの会のバザーコーナー ホスピスサポートチームのバザーコーナー